So-net無料ブログ作成
27-05-10_1407 logo.jpg
since 1960 black soul ブログトップ

Since(1950) 1960 Black Soul [since 1960 black soul]



黒人が大好きになる前から
私の父によって、黒人がテーマの映画を見させられていたので

黒人が大好きになる前から、
レゲエを好きになってからはますます
黒人のことを知りたくて、いろいろな映画を見たの

でも、今のように陰謀と絡めたり、
他の国の歴史と絡めたりして考えてみていなかったから

今まで見た映画をいろいろ思い出して、時代と日本と、日本の歴史と

そして黒人の歴史と黒人の意識、心情

全部絡めて考えたくなった

それはマイケルをより知るためのことでもある

すでに頭の中にはこうだろうというストーリーは出来ているけど

まだまだ足りない

そこに白人のエルヴィスなんかも加えなくちゃならないし、
そうなってくるとビートルズもみーーーんなからめなくちゃならなくなる

マイケルジャクソン単体ではもう語れない

マイケルジャクソンという黒人ミュージシャンということだけでももう語れない

これまたブログになんか全部書けない

私は作家じゃないし、歴史研究者でもない

ただの四十路の女だ。

でも

書けるとこまで書きたい


全ての奪われたSOULのために。。。。。

どんだけ沢山の黒人たちが泥水飲まされ、全てを奪いつくされてきたか

音楽シーンと当時の時代背景と事件とそのフィクション映画

昔見た映画の受け止め方と、
同じものを今見た場合の受け止め方がきっとまったく違うと思うんだ。。。

当時の受け止め方は、ぜんぜんぬるま湯チックな受け止め方だと思うけど
それでも私の魂にはがあああああああーーーーっときた。

10代、20代前半の私

黒人に降りかかるさまざまな理不尽なひどい仕打ちに
この黄色いサルはワナワナと震えた

黒人が大好きになっていたこの黄色いサルは
自分の周りにいる黒人は絶対に守る!!!なんて、鼻の穴を膨らましてた。

日本でもあちこちに黒人を見る”白い目”があったからね。。。

そんな奴らをいつだってぶちのめしてやる!!!なーんて、ほんとに怒っていた

黒人と一緒にいる私も同じように”白い目”で見られることが多く

当時から

『 お前なーーーこのやろう!!!お前自分のことなんだと思ってんだ!!!!あああ????
お前だって黄色いサルだぞ!!!!おい!こら~~~っ!!!』

そう思ってた。

もちろん実際にそんな風に叫んだことはないよ

どんな言い方をしたって、そういう人はきっと”きょとん”だからね。

だから睨み返すか、すれ違いざまに思い切りぶつかってやるとか
そんでもって、わざと大きな声で『イターーーーイ!!!』って言って
『あ、すいません』といわせたくらいかな。

そうすると、一緒にいる黒人はそれをさっして
『いいよ、大丈夫だよ、あのくらい』、、、という。

そうすると、もう泣きたいくらいに頭にきてしまうんだ

『どうして!!!』

映画の中でもいつでもそうだ

黒人はいつも黙ってされるがままになってる

そんな必要もないのに!!!!!!!!

だから
1990年代の黒人映画も嫌いだった

黙ってないぞ!!!という姿勢は良くても
なんか黒人同士の縄張り争いみたいな映画が多くなって
いや、、、違うだろ!!!
同じ色同士殺し合ってどうすんだよ!!!しかもみんな子供のように若い子達だよ
何でみんな思いっきりバンバン撃ち合っちゃってんの???

ちがうだろーーーーー!!!!!!

私の黒人への思いは半端なものじゃない
で、なきゃ、シングルで、黒人の子供を産むなんてことしないでしょ

たいがいの日本のビッチな子達は、
若いある時期黒人と遊ぶだけ遊んで、日本人と結婚してるよ
ほとんどがね。。。

で、

黒人と結婚している人も多々いる

昔より今のほうが多いかもしれないね
なんかツイッターとかFBとかいろんなとこで黒人を見ているけど
黒人の質が変わってきたように感じる

シングルママと、生涯添い遂げる人と、どっちが多いかな、、、、

シングルママのほうが多いだろうな、、、

そんなわけで、

ちょっとまたいろいろな映画を見直しつつ

感じなおしつつ

調べなおしつつ

ゆっくりペースで書いていこうと思います

が、

また中途半端で終わる可能性もありあり。

だって、半端じゃないもの。

今日は時間がないからなんの映画も見れないけど

ぱっと思い出したのが

アイク&ターナー

ティナターナーのドキュメンタリー映画

1950,1960年代の黒人の歌

ソウル、ブルース、ジャズ

時代背景を絡めつつ聴く

そうすると今の全てのほとんどの曲がセミのシッコだよ。

魂のこもった歌をもっと魂をこめて歌うなんてものはほとんど存在しない

魂をこめて歌える人は数人いる

なんだよ、あのニッキーミナージュって
私にはただのキチガイの悪魔にしか見えないよ(T_T)
ガガもひどいけど、ガガよりひどいよ


日々どんな環境の中で、どんな風に生きていたか
そして歌うことがどんなものだったか

いつもぎりぎりを生きる、、、というのかな。。。


******************************

1960

Ike++Tina+Turner++by+Norman+See.jpg





IKE-AND-TINA.jpg



こっちはアイク&タナー映画のワンシーン
アンジェラバセットのティナ。すごく良かったよ
、、、、って言うか、私これVIDEOを買ってるわ。。。
でも今もうTV埋もれちゃっててみれないんだよな、、、




この旦那、アイクがDV男でね~~~




ホテルに着いた時に逃げ出すの。
ラトーヤの話を思い出すの。





ELIJAH_POSTER_ARMY.gif

Martin-Luther-King-Jr-meets-.jpg

elijahmalcolmx2.jpg

img_1193980_32779032_5.jpg

TwitterImage.jpg

250px-Rev_jesse_jackson.jpg

20081106144240.jpg

Al_Sharpton_Jesse_Jackson_1.jpg

RTR200906300045.jpg

imgb9ad58b0zik1zj.jpg

20110130190912.jpg

Wahanee101.jpg

公民権運動(American Civil Rights Movement)とは、
1950年代から1960年代にかけてアメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が、
公民権の適用と人種差別の解消を求めて行った大衆運動である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95


Mississippi Burning
『ミシシッピー・バーニング』(Mississippi Burning)は、
1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件をモデルにしたノンフィクション映画。1988年公開。

時は公民権法制定前の1964年。

ミシシッピ州フィラデルフィアで3人の公民権活動家が行方不明となる。それを調査するために、ベテランFBI捜査官2人(ウォードとアンダーソン)が公民権運動家の失踪した田舎町に捜査に行く。ところが、その町では人種差別が公然と行われており、さらに事件の捜査を開始した二人に対し街のKKKや警察等が捜査の妨害を図ろうとする。しかし、2人は失踪した3人の行方を究明しようと試みるのと同時に、人種差別主義者も追いつめていく。







Y' know, every now and then
I think you might like to hear something from us
Nice and easy
But there's just one thing
You see we never ever do nothing
Nice and easy
We always do it nice and rough
So we're gonna take the beginning of this song
And do it easy
Then we're gonna do the finish rough
This is the way we do "proud mary"

And we're rolling, rolling, rolling on the river
Listen to the story
[ Lyrics from: http://www.lyricsfreak.com/t/tina+turner/proud+mary_20137717.html ]
I left a good job in the city
Working for the man every night and day
And I never lost one minute of sleeping
Worrying 'bout the way things might have been

Big wheel keep on turning
Proud mary keep on burning
And we're rolling, rolling
Rolling on the river

Cleaned a lot of plates in memphis
Pumped a lot of tane down in new orleans
But I never saw the good side of the city
Till I hitched a ride on a riverboat queen

Big wheel keep on turning
Proud mary keep on burning
And we're rolling, rolling
Rolling on the river

If you come down to the river
I bet you gonna find some people who live
You don't have to worry if you got no money
People on the river are happy to give



ひとまずここまで、今日はまた長時間勤務~~~~~~


since 1960 black soul ブログトップ
logo3.jpg

L.O.V.E.✡マイケルジャクソンは生きている

417762_192420707527740_100002794355533_214085_1895409156_n.jpg



Haunt Me - Jama's Blog Michael Jackson is Alive!!





303601_408829829155845_1225898573_n.jpg








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。